• このエントリーをはてなブックマークに追加

「光圀伝」大河ドラマ化を実現するための署名活動にご協力をお願いします

印刷

最終更新日:2013年5月17日 ページID:012396

概要

作家・冲方丁氏の著書「光圀伝」 は,昨年8月に出版されて以来、多くの読者の支持を集め盛り上がりを見せています。
これを受け、水戸商工会議所を中心に徳川光圀公ゆかりの地域が一体となり,NHK大河ドラマ化に向けた活動が進められています。

水戸黄門こと徳川光圀公ゆかりの地としては,その功績をたたえるとともに,郷土の先人が残した徳を広く周知し,地域の振興に生かしていきたいと考えています。

大河ドラマ「光圀伝」の放送の実現に向けて、多くの皆様から御署名をいただきたいと存じます。
御協力のほどよろしくお願い申し上げます。

~署名用紙はこちらからダウンロードしてください~
 cms.city.mito.lg.jp./p012396_d/fil/syomeiyousi.docx

署名方法

●添付の署名用紙をダウンロードしてご利用ください。
●署名は,自筆により,ご住所及びご氏名の記載をお願いします。
●署名は,直接観光課にお持ちいただくか,郵送またはFAXにより,水戸商工会議所または水戸観光協会に送付をお願いいたします。
 <水戸商工会議所>
 〒310-0801 茨城県水戸市桜川2-2-35
    TEL:029-224-3315 FAX:029-231-0160
 <水戸観光協会> 
    〒310-0011  茨城県水戸市三の丸1-5-38 県三の丸庁舎1階
      TEL:029-224-0441 FAX:029-224-0442
●署名目標数は,当面【35万人】を目指します。
●いただいた署名は,番組放送局の日本放送協会(NHK)に提出する予定です。
●いただいた個人情報は「光圀伝」大河ドラマ化実現に向けた署名提出以外には使用しません。
introduce_mitsukuniden
 

~「光圀伝」  内容紹介~(四六判ハードカバー 角川書店刊)
獣の宿命を背負った男ーその名は光圀。まったく新しい"水戸黄門"像の誕生!

 

なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか─。老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。
父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。荒ぶる血を静めるために傾奇者として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。
やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す─。
<光圀伝〜Official Website〜 - web KADOKAWA から抜粋> 

 

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日