• このエントリーをはてなブックマークに追加

全国梅サミット協議会

印刷

最終更新日:2013年4月24日 ページID:005727

全国梅サミット協議会とは

 「梅」を共通の資源とする加盟市町相互の情報交換や人的交流を行うことにより、梅を生かした観光文化の振興と梅関連産業の発展による地域振興を目的とし、毎年各市町持ち回りで「全国梅サミット」を行っています。水戸市においては、平成10年と平成23年の2回開催されました。平成27年は、2月6日(土曜日)と2月7日(日曜日)の2日間、「曽我梅林」で知られる神奈川県小田原市において開催されます。
 

第18回全国梅サミット
第18回全国梅サミット
サミット風景(第18回越生町開催)
サミット風景(第18回越生町開催)

全国梅サミット宣言

1996(静岡県熱海市開催)

  1. 梅が香る我がまちを愛します
  2. 梅に始まる日本の四季を尊びます
  3. 梅に集う幾多の人を歓迎します
  4. 梅を住民のやすらぎに生かします
  5. 梅を愛でる心の文化を広めます
  6. 梅を仲立ちとする友情を大切にします

2009(静岡県熱海市開催)

加盟13市町が協同して、梅を全国に宣伝するための事業を展開する
加盟13市町のホームページが相互に連携できる機能を検討する

2010(奈良県奈良市開催)

梅を育てる若者を育てます
梅を核とした産業を創出し育てます
梅香る文化を未来に向けて発信します

2011(水戸市開催)

梅の産業にとりくむ団体の相互交流を支援します
梅を中心としたホスピタリティ意識の普及・啓発を図ります
梅を愛する郷土文化の醸成に努めます

2012(群馬県安中市開催)

梅による観光と地域づくりを加盟市町の相互交流・情報交換をもって,積極的に推進します。
梅を大切な財産として,加盟市町において,歴史,自然,文化等と共に次の時代へ引き継ぎます。

災害時相互応援協定(2006年締結)

 全国梅サミット協議会加盟12市町では、平成18(2006)年に災害時相互応援協定を締結しています。これは、加盟市町に大規模な災害が発生し、被災市町独自では十分な対応措置がとれない場合に、遠隔地の市町からの支援を迅速に受けられるよう相互に連携して応援しようとするものです。
 平成23(2011)年3月に発生した東日本大震災において大きな被害を受けた水戸市に対しても、多くの加盟市町より支援金や毛布、非常食などの支援物資をいただきました。

加盟市町(平成25年3月現在)

(注意)リンクで別窓が開きます。
静岡県熱海市
奈良県奈良市
茨城県水戸市
群馬県安中市
埼玉県越生町
東京都青梅市
神奈川県小田原市
福岡県太宰府市
神奈川県湯河原町
和歌山県みなべ町
愛知県知多市
静岡県伊豆市

加盟市町「梅の名産品」紹介・連絡先一覧(PDF形式:541KB)

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日