• このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸黒

印刷

最終更新日:2008年3月12日 ページID:003111

水戸藩には寛文年間(1661年~1673年)から「水戸黒」と称する染物がありました。
黄門さま(水戸藩二代藩主徳川光圀公)も愛用したといわれ、御用紺屋だった亀屋清兵衛(益子家)は、藩主や家臣たちの着用する黒紋付羽織など黒染めを得意としていました。
 藍を下地にした「水戸黒」は青みをおびた深みのある黒が特徴で、その色合いは、「水戸公の羽織は千代田城の金屏風によく映える」と賞され、羽織での江戸城参内を許された副将軍が代々自慢にしていたといいます。しかし、大正に入り、輸入された化学染料の普及に押されて消滅していきました。
昭和50年頃、亀屋の子孫で市内在住の益子家12代栄寿さん(故人)が、水戸黒の再現に取り組み、その技術を笠間市の染色家阿部忠吉さん(故人)が継承していました。現在、水戸黒の継承方法等について検討しています。

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日