• このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸市優良観光土産品

印刷

最終更新日:2016年7月4日 ページID:016111

水戸市優良観光土産品

 水戸市では、観光土産品の品質向上及び普及を図ることを目的とし、水戸市優良観光土産品推奨制度を設けております。
 これらの土産品は、提出された申請書を基に、水戸市優良観光土産品審査会の意見を聴き、水戸市が優良であると認めたものです。
認められた土産品には、水戸市優良観光土産品推奨マークが表示されています。現在、17業者の54品の商品が水戸市優良観光土産品に登録されています。

水戸市優良観光土産品推奨マーク
水戸市優良観光土産品推奨マーク

 水戸市優良観光土産品一覧(平成28年3月現在)(PDF形式:179KB)

平成27年度 新規優良観光土産品

水戸市優良観光土産品審査会において,条件を満たした6品が新たに水戸市優良観光土産品となりました。

  1. 水戸梅小町
      水戸産の梅ペーストに偕楽園の梅干し果肉を加えた風味豊かな梅あんを,やわらかな求肥に包み,見た目も梅そっくりに仕上げた商品となっております。
    水戸梅小町
    製造業者: 五條製菓有限会社
  2. 水戸ラスク
     ラスクの持つさくっとした食感と,口の中に広がる梅のほのかな香りが,お子様のお菓子にも,また,大人のおつまみにもあう,幅広い層にお楽しみいただける,あと引くおいしさが自慢の品となっております。
    水戸ラスク
    製造業者: 新妻製菓
  3. みともち
     こしあんの中に梅ペーストの,酸味がとても爽やかな商品で,初春を思わせる若き青梅をイメージし,やわらかなお餅でつつんだ品となっております。
    みともち
    製造業者: 新妻製菓
  4. 水戸梅ぱい
     バターをたっぷりと使用したパイ生地を焼き上げ,梅あんの酸味とマッチングする,食感と風味が癖になる商品となっております。
    水戸梅ぱい
    製造業者: 新妻製菓
  5. 梅の魁
     水戸産の梅をふんだんに使い,梅の風味豊かなあんをつくり,ほんのりチーズの味のガレットでサンドし焼き上げた,和と洋がマッチングした商品となっております。
    梅の魁
    製造業者: 木村屋本舗
  6. オセロチョコ
     オセロ発祥の地である水戸の商品。碁石をモチーフとした黒と白のチョコ,碁盤の柄をした箱となっております。
    オセロチョコ
    製造業者: 亀印製菓株式会社

   

主な優良観光土産品

  1. 水戸の梅
     あんを求肥にくるみ、梅酢に漬け込んだシソの葉で包んで梅の実を形どった、香高い水戸の銘菓です。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公が考案した梅干しをシソ巻きにする梅の実の保存方法を応用して「星の梅」という菓子が作られ、それから、長い年月を経て、水戸市の菓子製造業者等が工夫を重ね,現在の姿になりました。
    水戸の梅
     製造業者:亀印製菓株式会社、阿さ川製菓株式会社、株式会社井熊總本家
  2. のし梅
     梅の実を砂糖、寒天と一緒に煮つめ、竹の皮で包んだゼリー風のお菓子です。酸味のあるさっぱりとした味と美しいべっ甲色が特徴で、水戸では暑気除けとして食べられてきました。一説では、梅の実の活用にも高い関心を持っていた水戸藩第9代藩主徳川斉昭公が考案した乾酸錠(かんさんじょう)がもとになったともいわれています。
    のし梅
    製造業者:亀印製菓株式会社、阿さ川製菓株式会社、株式会社井熊總本家
  3. 吉原殿中
     
    あられを飴で棒のようにかたちづくり、きな粉をまぶした水戸の銘菓です。一説では、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公が間食を求めた際に、奥女中であった「吉原」が、農人形に供えられた飯を干してたくわえておいたものを炒り、飴ときな粉をからめて出したことに対し、かねてから倹約につとめていた斉昭公が大層喜び、彼女の名をとって「吉原殿中」と名付けたといわれています。
    吉原殿中
    製造業者:亀印製菓株式会社、阿さ川製菓株式会社、株式会社井熊總本家、有限会社前田屋製菓、有限会社モトヤ(本屋製菓)、吉田屋
  4. 梅羊かん
     
    偕楽園の梅にちなんで作られた梅の都・水戸ならではのお土産品です。水戸市の各菓子製造業者等によって、それぞれ工夫を凝らした梅羊かんが作られています。ほのかな紅梅の色合いを想い起こさせる様な淡紅色が特徴的です。
    梅羊かん 
    製造業者:亀印製菓株式会社、阿さ川製菓株式会社、株式会社井熊總本家
  5. 水戸さきがけ
      維新のさきがけの原動力となった文武両道に代表される水戸の藩校・弘道館の精神にちなんで名づけられた商品で、黄身あんのソフトな口当たりが特徴的なホイル焼きの洋風和菓子です。マロン、チョコ2つの味が楽しめます。
    水戸さきがけ 
    製造業者:株式会社きね八
  6. 水戸の撰菓集
     
    偕楽園の梅、萩の花、冬松にかかる雪などの四季折々の偕楽園の風情を菓子で表現しました。「天下の梅」、「萩の彩」、「松の雪」の3種類のお菓子の詰合せです。
    水戸の撰菓集 
    製造業者:株式会社きね八
  7. 水戸の味くらべ・我妹(あずまいも)
     茨城県産のさつまいもを使い、ほっくりと仕上げた焼き菓子です。プレーンタイプの「水戸の味くらべ」とシナモン味の「我妹(あずまいも)」の詰合せです。
    水戸の味くらべ・我妹(あずまいも) 
    製造業者:株式会社きね八
  8. 常陸国印最中
     
    1枚1枚手焼きの最中の皮に、小豆を使った餡をはさみ、中に餅を入れて仕上げたお菓子です。粒餡の小豆の風味をそこなわないように自家製の餡を使用した甘さをおさえた一品となっています。
    常陸国印最中
    製造業者:株式会社きね八
  9. 納豆・納豆関連商品
     水戸の納豆は、明治22(1889)年の水戸駅の開業に合わせ駅前広場で売り出されたのがきっかけで、水戸の観梅とともに観光客の評判となった水戸の名産です。水戸の納豆の特色である小粒大豆を使用した伝統のわらつと納豆のほか、北海道産の大豆を使用したもの、手ごろな一食用サイズのものなど、各社工夫を凝らした様々な商品がございます。切り干し大根と納豆を塩としょうゆで漬け込んだ水戸の郷土料理「そぼろ納豆」や納豆を塩で味つけして干し上げた「ほし納豆」、どなたにも食べやすい納豆を使ったお菓子などの納豆加工品も多数ございます。
     わらつと納豆納豆商品
     製造業者:だるま食品株式会社、株式会社笹沼五郎商店、天狗納豆株式会社、水戸納豆製造株式会社
  10. 偕楽梅干
     
    完熟梅を昔ながらの手法で漬け込み、三日三晩天日干しして作った梅干です。
    偕楽梅干
    製造業者:株式会社根本漬物
  11. レアチーズ・タルト
     
    水戸市では、昭和60(1985)年に、これまでと違う水戸市のイメージを創るための新しい特産品開発として、山羊乳を使ったチーズの開発が始まりました。水戸と家畜の関わりは深く、水戸藩第9代藩主徳川斉昭公が弘道館の医局で牛を飼育し牛乳の効用について研究していたことや、戦前の「満蒙開拓青少年義勇軍内原訓練所」の畜産部門で山羊が飼育されていたこと、戦後の食糧難時代に水戸の子どもたちに栄養価の高い山羊乳を飲ませようと当時水戸に住んでいた宣教師ハーバート・ニコルソンが数千頭にもおよぶ山羊をアメリカからつれてきたことなど、様々なエピソードが残っています。
     レアチーズ・タルトは、フロマージュ・フレ(フランスのフレッシュタイプのチーズ)をふんだんに使い、手作りで一つ一つ仕上げた商品で、ヨーグルトのようなさっぱりした風味とコクが特徴です。
    レアチーズ・タルト
    製造業者:一般財団法人水戸市農業公社
  12. カマンベール・チーズ 
     フランス・カマンベール地方で多く作られるチーズで、フランスではチーズの女王と呼ばれています。白かびを使って成熟された軟質チーズで、熱処理をしていないため、チーズが生きています。自然の味をお楽しみください。
    カマンベール・チーズ
    製造業者:一般財団法人水戸市農業公社
  13. ゴーダ・チーズ
     
    オランダを代表するチーズで、そのまろやかなくせのない味は日本人向きといえます。料理やお酒のおつまみに最適です。平成17(2005)年11月29日に開催された「第5回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」ハードタイプ部門にて、優秀賞を受賞した商品です。
     ゴーダ・チーズ
    製造業者:一般財団法人水戸市農業公社
  14. サントモール・チーズ
     
    フランスのロワール地方で多く作られるチーズで、表面が木炭でおおわれた山羊乳100パーセントのチーズです。クリームチーズ風の舌触りと、こくが特徴です。サラダや料理のソースなどにも最適です。平成13(2001)年に開催された「第3回 ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」ソフトタイプ部門にて優秀賞を受賞した商品です。
    サントモール・チーズ
    製造業者:一般財団法人水戸市農業公社 
  15. 水戸の本格芋焼酎(3本セット)
     水戸市産のさつまいも三種(たまゆたか、いずみ13号、ひたちれっど)を原料とし、じっくり甕で貯蔵した本格芋焼酎です。思わず「笑みがこぼれる」という意味で名づけられた「一人笑」・「二人笑」・「三人笑」の3本セットです。JA水戸と市内酒造メーカーと水戸市が共同開発した商品です。
     水戸の本格芋焼酎(3本セット)
    販売業者:水戸農業協同組合
  16. 黄門人形
     
    水戸黄門さまとして知られる水戸藩第2代藩主徳川光圀公の姿をかたどった素焼の人形に、顔料で手描きしたかわいらしい黄門人形です。
    黄門人形 
    販売業者:茨城工芸産業株式会社
  17. 農人形
     
    水戸藩第9代藩主徳川斉昭公は、農業を重んじ農民の姿を象った像を毎日食膳に据えて一箸の飯を笠のなかに供え、農民の労に感謝したといわれています。その斉昭公の精神を現代に伝えるお土産品です。
    農人形 
    販売業者:茨城工芸産業株式会社
  18. 水戸茶
     
    江戸時代に水戸徳川家に献上されたという歴史のあるお茶を、深蒸しで、青みの深い昔ながらのお茶に仕上げました。かつて水戸藩第2代藩主徳川光圀公がその味に感嘆し、このお茶を「初音」という名で呼ぶことをすすめたという逸話も残っています。
    水戸茶 
    販売業者:株式会社牧ノ原
  19. 水戸藩らーめん
     
    ラーメンを日本で初めて食べたのは,水戸藩第二代藩主徳川光圀公(水戸黄門)と言われています。当時の味を再現し,茨城県の特産品である,レンコンの粉を麺に練りこみ,ニンニク,ショウガ,ネギ,ニラ,ラッキョウの薬味が添えられています。体にもよい,あっさりとした味となっています。
    水戸藩らーめん
    販売業者:有限会社川﨑製麺所

優良観光土産品製造業者・販売業者のお問い合わせ

菓子

  1. 亀印製菓株式会社
    住所:水戸市見川町2139番地の5
    電話:029-305-2211
    ホームページ:kamejirushi.co.jp/(新しいウィンドウで開きます)
     
  2. 阿さ川製菓株式会社
    住所:水戸市元石川町字富士山325の19
    電話:029-247-8080
    ホームページ:http://www.kashi.co.jp/index.html(新しいウィンドウで開きます)
     
  3. 株式会社井熊總本家
    住所:水戸市南町3丁目3番48号
    電話:029-221-2605
    ホームページ:http://ikuma.jp/(新しいウィンドウで開きます)
     
  4. 株式会社きね八
    住所:水戸市堀町948番地
    電話:029-231-1716
     
  5. 有限会社前田屋製菓
    住所:水戸市上水戸1丁目8-21
     
  6. 有限会社モトヤ(本屋製菓)
    住所:水戸市東台2-3-16
    電話:029-221-2980
    ホームページ:http://www.yoshiwaradentyu.com/(新しいウィンドウで開きます)
     
  7. 吉田屋
    住所:水戸市末広町2-4-12
    電話:029-231-4024
    (注意)手作りのため予約販売制となっております。ご購入の際は、事前にお店にお問い合わせください。
  8. 五條製菓有限会社
    住所:水戸市姫子1丁目807番1号
    電話:029-252-2317
     
  9. 新妻製菓
    住所:水戸市堀町2160-5
    電話:029-251-8772
    ホームページ:www.niituma.com/(新しいウィンドウで開きます)
     
  10. 木村屋本舗
    住所:水戸市栄町2-10-44
    電話:029-221-5475
    ホームページ:www.kimurayahonnpo.com/新しいウィンドウで開きます)
     

  納豆

  1. だるま食品株式会社
    住所:水戸市柳町1丁目7番8号
    電話:029-221-7068
    ホームページ:http://www.darumanatto.jp/ (新しいウィンドウで開きます)
     
  2. 株式会社笹沼五郎商店
    住所:水戸市三の丸3丁目4番30号
    電話:029-225-2121
    ホームページ:http://www.tengunatto.jp/(新しいウィンドウで開きます)
     
  3. 天狗納豆株式会社
    住所:水戸市柳町1丁目13番13号
    電話:029-221-4225
    ホームページ:http://www.tengunatto.com/(新しいウィンドウで開きます)
     
  4. 水戸納豆製造株式会社
    住所:水戸市本町3丁目8番6号
    電話:029-221-4281
    ホームページ:http://www.mitonatto.com/(新しいウィンドウで開きます)

梅干

  1. 株式会社根本漬物
    住所:水戸市渡里町1800番地
    電話:029-221-6153
    ホームページ:http://www.nemotuke.com/(新しいウィンドウで開きます)

乳製品・農産加工品

  1. 一般財団法人水戸市農業公社
    住所:水戸市赤塚2丁目27番地
    電話:029-251-5532
    ホームページ:http://www.mito-apc.com/(新しいウィンドウで開きます)

    (直営工場・店舗)
    水戸市手づくりチーズ工房「森のシェーブル館」
    住所:水戸市全隈町1454 水戸市森林公園内
    電話:029-255-1482
    ホームページ:http://www.chevre-kan.com/(新しいウィンドウで開きます)

酒(芋焼酎)

  1. 水戸農業協同組合
    住所:水戸市赤塚2丁目27番地
    電話:029-254-5111
    ホームページ:http://www.mt-ib-ja.or.jp/(新しいウィンドウで開きます)

麺類

  1. 有限会社川﨑製麺所
    住所:水戸市下大野町1365
    電話:029-269-3878
    ホームページ:http://www.mitohan.co.jp/(新しいウィンドウで開きます)

  1. 株式会社牧ノ原
    住所:水戸市宮町2丁目4番24号
    電話:029-225-8924
    ホームページ:http://www.ryokucha.co.jp/index.html(新しいウィンドウで開きます)

工芸品

  1. 茨城工芸産業株式会社(工芸デパート)
    住所:水戸市南町3丁目4番5号
    電話:029-224-2317

     水戸市優良観光土産品は、上記各事業者の直営店舗等のほか、JR水戸駅自由通路内の売店「おみやげや プラム水戸」水戸駅ビル「エクセルみなみ」3階「IBARAKIあじわい市」コーナー偕楽園レストハウス「水戸ドライブイン ひたちの里 水戸インター店」などにおいても購入ができます。また、「水戸の梅まつり」開催期間は、会場である偕楽園内に臨時売店が設置され、そこにおいても購入ができます。各個別店舗の取扱状況は、各製造事業者等の取引内容によって異なりますので、詳細につきましては、各事業者にお問い合わせください。

お問い合わせ先

観光課
電話番号:029-232-9189 /ファクス:029-232‐9232

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日