千波湖ホームページへようこそ

 

ホーム 文化・教育・スポーツ千波湖水質浄化 > 千波湖の水質浄化に向けた取組 > その他の取組

 

その他の取組

柳堤堰(ラバーダム)の運用

柳堤堰(ラバーダム)は、桜川から備前堀へ水を送るために平成13年に完成したものです。
柳堤堰を上げ、桜川の水位を上昇させることで備前堀へと水が流れていきますが、その一方で、千波湖から桜川への水の流れが悪くなり、水が滞留し、桜川・千波湖でのアオコの発生につながっていると考えられています。
水戸市では、千波湖の水質改善、備前堀の環境改善、そして桜川のサケの遡上といった問題が解決できる柳堤堰の運用等を検討しています。

柳堤堰(ラバーダム)