千波湖ホームページへようこそ

 

ホーム 文化・教育・スポーツ千波湖水質浄化 > 千波湖の水質浄化に向けた取組 > 霞ヶ浦導水事業

 

霞ヶ浦導水事業

昭和59年から国により進められている霞ヶ浦導水事業は、那珂川、霞ヶ浦、利根川をつなぐ地下トンネル(流況調整河川)を整備し、それぞれの水を相互に行き来させることにより、霞ヶ浦と桜川の水質浄化、那珂川や利根川での渇水予防、茨城県・東京都・千葉県・埼玉県における新規都市用水の確保を図るものです。
今後、那珂川から桜川への導水が可能となった場合、最大3m3/sの那珂川の清浄水が桜川に流入する見込みであり,桜川とともに千波湖の水質も大きく改善するものと期待されています。

霞ヶ浦導水のしくみ

霞ヶ浦導水のしくみ

霞ヶ浦導水事業について詳しくは霞ヶ浦導水事務所ホームページをご覧ください。