千波湖ホームページへようこそ

 

ホーム 文化・教育・スポーツ千波湖環境保全 > 逆川緑地におけるホタルの再生

逆川緑地におけるホタルの再生

水戸市では、逆川緑地の南端部をホタルの再生のモデル地区とし、地域主体の取組により、ホタルが生息できる水辺空間の創出を進めています。
平成19年から、地域の環境保全団体を中心に、逆川緑地の水路をホタルが生息しやすいよう整備するとともに、卵の放流やエサとなるカワニナの繁殖に取り組んだところ、翌年からホタルの発生を確認することができました。
ゲンジボタルは、「茨城県版レッドデータブック」 において危急種に選定されています。ホタル鑑賞に訪れる際は、温かく見守ってください。

逆川緑地におけるホタルの発生状況

逆川緑地におけるホタルの発生状況
        平成
20年度
平成
21年度
平成
22年度
平成
23年度

平成
24年度

平成
25年度

平成
26年度

平成
27年度
平成
28年度
ゲンジボタル 約10匹 約30匹 約20匹 約22匹 10匹 約27匹 約24匹 約28匹 約20匹
ヘイケボタル 約20匹 約100匹 約200匹 約250匹 約350匹 約200匹 約200匹 約270匹 約300匹

「逆川を愛する会」調べ

関連リンク

逆川を愛する会&逆川こどもエコクラブHP