千波湖ホームページへようこそ

 

ホーム 文化・教育・スポーツ千波湖観光・周辺のご案内 > 千波湖周辺の観光施設

千波湖周辺の観光施設

偕楽園

偕楽園日本三名園の一つである偕楽園は、1842(天保13)年に第9代水戸藩主徳川斉昭公によりつくられました。約13ヘクタールの広い園内には、約100品種、3,000本の梅が植えられ、梅の名所となっています。
また、春には桜・つつじ、秋には萩が咲き誇ります。
園内の好文亭は、質実な中にも水戸武士の風格が漂う建築で、3階の楽寿楼からは千波湖が一望できます。

茨城県営公園オフィシャルウェブサイト(偕楽園)へ(新しいウィンドウで開きます)
偕楽園の歩き方

茨城県近代美術館

茨城県近代美術館近現代の国内外の美術品を1,700件以上有し、ロダン作「三つの影」や水戸出身の横山大観などの所蔵品が鑑賞できます。企画展、美術講演、講座なども開催しています。
また、敷地内には、水戸市出身の洋画家・中村彝の東京都新宿区下落合にあったアトリエが新築復元されており、遺品や資料を見ることができます。

茨城県近代美術館ホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館茨城県の歴史に関する資料の収集保存と展示を行っています。明治14年に造られた旧水海道小学校や、水車小屋などが移築・保存されており、江戸幕府第15代将軍徳川慶喜公ゆかりの品を展示している一橋徳川家記念室も併設されています。

茨城県立歴史館ホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

常盤神社・義烈館

常盤神社・義烈館常磐神社は、第2代水戸藩主徳川光圀公・第9代水戸藩主徳川斉昭公を祀る神社です。義烈館には陣太鼓や太極砲などの遺品が展示されています。

常盤神社ホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

弘道館

弘道館弘道館は、水戸藩の藩校として、第9代水戸藩主徳川斉昭により天保12(1841)年8月に創設されました。
現在も一部分が保存され、旧弘道館として国の特別史跡になっているほか、正庁・至善堂・正門の3か所は、重要文化財に指定されています。また、敷地跡は弘道館公園として、60品種800本の梅が植えられており、梅の名所となっています。
水戸市では、新たな文化財の評価のあり方として「学問・教育遺産」を提唱し、足利学校(栃木県足利市)・閑谷学校(岡山県備前市)・咸宜園(大分県日田市)などと連携を図りながら、「近世日本の学問・教育遺産群」の世界遺産登録を目指しています。

茨城県営公園オフィシャルウェブサイト(弘道館)へ(新しいウィンドウで開きます)

徳川ミュージアム

水戸徳川家伝来の史料がまとまって見られる唯一の博物館です。収蔵品は、第2代水戸藩主徳川光圀公の遺品を中心に歴代藩主や夫人たち遺愛の品約3万点に加え、大日本史編纂のために集められた古文書類約3万点です。その中にはテレビドラマで有名な黄門さまの印籠や江戸幕府第15代将軍徳川慶喜公の品も含まれています。

徳川ミュージアムホームページへ(新しいウィンドウで開きます)