• このエントリーをはてなブックマークに追加

「『新エネルギー』ってな~に?夏休み親子で発電にチャレンジ!」第1回目 ファラデーモーターの作成

印刷

最終更新日:2016年7月28日 ページID:016645

 

ファラデーモーター の作成

 001 002 003

 みと好文カレッジでは,さきがけ塾塾生企画講座『「新エネルギー」ってな~に?夏休み親子で発電にチャレンジ』第1回目を7月24日(日)に開催しました。

 講師には,おもしろ理科先生の飛田 隆久先生をお呼びして,地熱発電や太陽熱発電,風力発電など新エネルギーについてのお話や環境問題についてもお話をいただきました。

 さらに,イギリスの科学者・物理学者(自然科学者)であるマイケル・ファラデーが発明した電磁気を利用して回転する装置「ファラデーモーター」を親子で作りました。

 「ファラデーモーター」は銅線を型に合せて曲げ,ネオジム磁石・単三電池・六角ボルトを重ね,セットすると銅線が回り出します。思うように銅線が回らなかったり,予想以上に回転が速くて驚いたりする受講生で会場は盛り上がっている様子でした。

〈さきがけ塾〉

行政との協働で講座を企画・運営する「水戸市生涯学習サポーター」になるための学習講座で,市民が2年間かけて様々な研修を受講しています。

お問い合わせ先

みと好文カレッジ
電話番号:029-303-6602 /ファクス:029-303-6601

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978番地の5 水戸市総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日