平和事業に関するDVDの貸出しについて

印刷

最終更新日:2016年7月11日 ページID:016564

平和事業の一環として,戦争を知らない世代に戦争の悲惨さや平和の尊さを伝えるため,DVDを貸出しします。

DVDの種類

(1)「水戸空襲体験証言記」

市民による水戸空襲の体験談(20分)
※YouTube→こちら

(2)「戦禍をみつめた木」

戦災当時と現在の市内の移り変わりを映像で紹介(15分)
※YouTube→こちら

(3)「戦争体験者証言映像」(平成25年度収録)

1.市民による戦争体験談14人個別編集版(各40分程度)

2.市民による戦争体験談14人編集版(各10分程度×14人)

(4)「ぴ~すプロジェクト公演2012より」 

水戸空襲戦災誌の朗読と語り部の体験談(約100分)

朗読 「水戸空襲前夜・空襲下の水戸駅構内」  約16分

体験談 市原  毅氏   約 10 分

朗読  詩集「炎上・水戸」より        約15分

体験談 大山 好子氏   約 10 分

朗読 「お城が燃える!」         約 4 分

体験談 塩谷 みとり氏  約 17 分

朗読 「三の丸国民学校の戦災」      約 2 分

体験談 佐藤 隆男氏   約 21 分

朗読 「火の川にあおり落とされた老婆」  約 2 分

                     

朗読 「廃墟の街に流れたメロディー」   約 5 分

 

※ チャプター選択で個別視聴もできます。

(5)「次世代に伝えたい紙芝居 被爆体験者が本当に伝えたかったこと」(平成28年度寄贈)

茂木貞夫さんと高橋久子さんの被爆体験を茨城大学の紙芝居研究会の学生が子どもたちにも分かりやすいように紙芝居で表現したものや、お二人へのインタビュー、対談の映像が含まれています。(約120分) 
※YouTube↓
1.あいさつ 茂木貞夫
2.【紙芝居】茂木貞夫物語
3.【紙芝居】高橋久子物語
4.高橋久子さんインタビュー
5.対談 茂木貞夫さん、高橋久子さん
6.茂木貞夫さんインタビュー

貸出方法

当該DVDの貸出しを希望する者(団体)は,別紙「平和DVD借用申込書」を水戸市に提出してください。ただし,以下に該当する者は貸出しができません。

(1) 政治的,宗教的,営利的使用を目的とする者

(2) 平和事業の趣旨とは異なる使用を目的とする者 

貸出期間

 15日間以内。ただし、協議等により必要と認められる場合は、延長することができます。

申し込み先

水戸市市民協働部文化交流課

電話 029-291-3846

FAX 029-232ー9250

 

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

文化交流課
電話番号:029-291-3846 /ファクス:029-232-9250

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日)