• このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸徳川家

印刷

最終更新日:2007年4月25日 ページID:001474

関ヶ原の戦いの後、徳川家康公は、水戸が東北の外様大名たちの脅威を阻む絶好の地と判断し、十一男頼房公(威公)を25万石で封じたのが水戸徳川家の始まりでした(のち、35万石に増加)。

初代頼房公に始まる水戸藩は、御三家として、政治あるいは文教の面で諸藩を代表する大藩でした。歴代藩主の中でも2代光圀公(義公)と9代斉昭公(烈公)が特によく知られています。光圀公は、中国の「史記」にならった「大日本史」の編さんという大きな功績を残しました。また、中納言の唐名から「水戸黄門」と呼ばれ、現在でもテレビドラマなどをとおして広く親しまれています。斉昭公は、幕末に当時の総合大学ともいうべき藩校「弘道館」を設立し、日本の文化の上に大きな役割を果たしました。その斉昭公の七男が明治維新の渦中に身をおく運命となった15代将軍徳川慶喜公でした。

水戸徳川家家系図

水戸徳川家家系図

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-306-8693

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-5 総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日)