徳川光圀

印刷

最終更新日:2007年4月25日 ページID:001469

徳川光圀(義公)1628年~1700年(寛永5年~元禄13年)

水戸藩第2代藩主。1661年(寛文元年)に水戸藩主となって以来、殉死の禁止、笠原水道の開設、貧民の救済と産業の振興などの善政を行い、藩内外から名君と仰がれました。
また朝廷を尊び幕府を助けるとともに、巨船快風丸による蝦夷地探検など藩政を越えた事業も手がけました。
特に、中国の「史記」にならって日本の歴史を編さんしようと決意し、全国から優れた学者を招き自ら監修にあたった「大日本史」は、水戸藩ばかりでなく近世日本の文化に大きな影響を与えました。1690年(元禄3年)藩主を譲り西山荘(常陸太田市)に隠居し、73歳で没しました。
義公とおくり名され、中納言の唐名から、「水戸黄門」の名で現在でもテレビドラマなどをとおして親しまれています。

徳川光圀公写真(財団法人水府明徳会 彰考館徳川博物館所蔵)

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-306-8693

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-5 総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日)