• このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸の歴史 水戸市の誕生

印刷

最終更新日:2007年4月25日 ページID:001447

1867年(慶応3年)に9代藩主斉昭の七男である15代将軍徳川慶喜によって大政奉還となりましたが、水戸藩では、藩内抗争が終息しないうちに明治維新を迎えることになりました。

1871年(明治4年)、廃藩置県により水戸藩は水戸県になり弘道館に県庁が置かれました。さらに同年、県の統合により茨城県ができ、水戸は県庁所在地になりました。

1888年(明治21年)の「市制町村制」の公布に基づき周辺の村の一部を編入し、1889年(明治22年)4月1日全国で最初に市制が施行された31市のうちのひとつとして水戸市が誕生しました。初代市長は服部正義、世帯数5052世帯、人口 25591人でした。

市制施行当時の市役所 大正時代の市街地現在の市街地

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-306-8693

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-5 総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日)