• このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯学習情報

印刷

最終更新日:2014年6月13日 ページID:001378

学習機会の充実

  1. みと好文カレッジ、市民センター等における社会教育事業を「みと弘道館大学」と位置づけ、より多くの市民が生涯学習に参加しやすい環境をつくる。
  2. 現代的課題や地域が抱える課題を取り扱った学習機会の提供に努める。
  3. 家庭教育学級を開催し、家庭の教育力の向上を図るとともに、子育て中の親の悩み、不安などを解消するための交流の場として、「くじらランド」や「ほっとひといき夢らんど」を開設し、子育て支援を行う。
  4. 「いきいき出前講座」を通して市民に市政に対する理解を深めてもらい、地域の課題を市民と行政が一体となって考える機会とするため、講座の内容の充実と市民への周知を行い、活用の促進を図る。
  5. 積極的に学習情報を収集し、大学や関係機関、企業、NPO等との連携を図りながら、各種メディアを活用し、市民への学習情報を提供する。
  6. 人権啓発講演会を開催し、広く人々の人権問題に対する理解と認識を深め、差別意識の解消を図る。
  7. 「成人の日式典」を開催し、成人を迎えた青年男女の新しい門出を祝福するとともに、大人としての自覚を促す。
  8. PTA、女性会等の社会教育団体が、それぞれの目的に向けて積極的な活動ができるよう支援する。

学習の成果を生かす環境づくり

  1. 行政と市民が協働し生涯学習を支える人材の発掘や支援を行うとともに、力量の向上を図るための研修や学習機会の充実に努める。
  2. 生涯学習指導者人材バンク「あなたも師・達人制度」の活用促進、市民センター等における活動の成果を発表する場の提供、学習の成果を学校教育や学校外活動に還元させる取り組みを進める。
  3. 事業の目標、妥当性の評価について、事業を行った後の検証を行い、計画・実行・評価・改善の流れが有効に機能するようにする。

学校・家庭・地域の連携

  1. 学校、家庭、地域の連携強化を図り、社会全体で支える家庭教育の推進に努める。
  2. 青少年の社会参加の促進や、月1回の「家庭の日」の啓発を行うなど、青少年の健全育成に努める。
  3. 地域の学校や団体、関係機関との連絡調整を行い、学校や地域が連携しうる体制づくりを推進する。市民センターにおいては、それぞれをつなぎ結ぶ地域拠点施設の機能を発揮する。

お問い合わせ先

生涯学習課
電話番号:029-306-8692 /ファクス:029-306-8693

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-5 総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日