• このエントリーをはてなブックマークに追加

「小中学生病院体験ツアー」を実施しました!!

印刷

最終更新日:2017年8月15日 ページID:018150

  平成29年7月29日(土)水戸赤十字病院にて「小中学生病院体験ツアー」を実施しました。参加者28名で、午前中は3班に分かれて病院施設の見学(超音波検査、放射線科部、薬剤部、備蓄倉庫、屋上ヘリポート、災害用救急車等)、昼食(患者食の試食)の後、午後からは2班に分かれて医療体験(縫合体験、一次救命措置)を行いました。
 水戸赤十字病院スタッフの皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

 1 オリエンテーション

 主催者挨拶、病院長挨拶及び病院紹介等を行いました。

01 02

03

2 超音波検査体験

 水戸赤十字病院スタッフから超音波検査の利点、機材等の説明があり、参加者自身が患者となって体験したり、スタッフが患者役となって超音波検査の説明を受けたり、参加者自身が超音波検査を体験したりしました 。

05 06

07 08

09 10

11

3 放射線科部

 放射線科部では、X線画像、MRI画像、画像の撮影についての説明を受けました。また、MRI室では、磁石を使って参加者自身が磁場の発生状況を体験しました。その他、放射線治療室を見学し、放射線治療の機械を説明を受けました。

12 13

14 15

16 17

18  19

20 21

22 23

24 25

26 27

28

4 薬剤部

 薬剤部では、水戸赤十字病院の薬剤師から説明を受け、実際に錠剤や粉末剤の梱包される過程を見学するとともに、病院で使用する薬剤の保管庫を見学しました。

29 30

31 32

33 34

5 屋上ヘリポート・災害用救急車

 屋上へリポートは、ヘリコプターが離発着をするため、柵がなく、普段関係者以外は立入できませんが、安全性に配慮しながら見学しました。また、その後災害用救急車内を見学しました。

35 36

37 38

39 40

 6 昼食

  昼食は、病院スタッフから病院の食事についての説明を聞き、その後、患者さんと同じ食事を食べました。

41 42

43 44

7 縫合体験

 縫合体験では、最初に佐藤副院長から説明があり、その後外科医師により縫合に使う医療器具の使い方、縫合の仕方をスクリーンに映し出して縫合体験をしました。最初は難しかったようですが、最後には楽しそうに取組んでいました。

45 46

47 48

49 50

51 52

53 54

8 一次救命措置体験

 一次救命措置体験では、はじめに一次救命措置の重要性、人工呼吸、心臓マッサージ、AEDの使い方等の説明を受け、各グループに分かれて実際に措置を体験しました。

55 56

57 58

59 60

9 小中学生病院体験ツアー修了証書交付及び記念撮影

 最後に、小中学生病院体験ツアー修了証書を代表者に交付し、病院スタッフと一緒に記念撮影をしました。

61 62

お問い合わせ先

保健センター
電話番号:029-243-7311 /ファクス:029-244-0157

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日