• このエントリーをはてなブックマークに追加

虐待から子どもを守ろう!

印刷

最終更新日:2007年4月16日 ページID:000293

児童虐待防止法では、18歳未満の子どもへの下記のような行為を「児童虐待」と定義しています。
虐待を受けた子どもは、心身の健康的な成長や発達を妨げられたり、対人関係で困難を抱えたりと将来にわたって深刻な影響を受けることがあります。

主な児童虐待の種類

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、異物を飲ませる、戸外に締め出す、タバコの火を押し付ける等。

ネグレクト(養育の拒否・怠慢)

食事を与えない、着替えや入浴など身の回りの世話をしないで不潔にしている、病気やけがをしても医者にみせない、学校に行かせずに家に閉じ込める、店の駐車場等で車中に子どもを置き去りにする等。

心理的虐待

言葉による脅し、脅迫、無視、兄弟間の差別的な扱い、児童の前での家庭内暴力等。

性的虐待

性的いたずら、性的暴行、性行為の強要、性器や性交を見せる、子どもに性交する等。

虐待かな?と思ったら連絡してください。連絡された方の秘密は守ります。

児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待に係る通告)

児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかにこれを児童福祉法第25条の規定により福祉事務所又は児童相談所に通告しなければならない。

子育てに対して不安を感じたり、悩んだりしていませんか?
虐待してしまいそうだと感じた時は、一人で悩まずに相談してください

連絡先

  • 水戸市役所(三の丸臨時庁舎内福祉事務所)子ども課
    電話番号 029-232-9111
  • 茨城県福祉相談センター(中央児童相談所)
    電話番号 029-221-4150
  • いばらき虐待ホットライン(24時間対応)
    電話番号 0293-22-0293
  • 各地域の民生・児童委員

関連リンク

茨城県福祉相談センター(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ先

子ども課
電話番号:029-232-9176 /ファクス:029-232-9288

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎2階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(水曜日は午後7時まで。すべての業務には対応していません。) /休業日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)