• このエントリーをはてなブックマークに追加

4月は「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」です。

印刷

最終更新日:2017年4月13日 ページID:017641

AV出演強要及び「JKビジネス」の問題について

 いわゆるアダルトビデオ出演強要問題やいわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により児童が性的な被害に遭う問題などが発生しており,若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあります。
 こうした問題はいずれも「女性に対する暴力」に当たる重大な人権侵害であるとともに,女性活躍の前提となる安全・安心な暮らしの基盤を揺るがす問題です。
 特に年度当初は,進学,就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり,こうした被害に遭うリスクが高まることも予想されることから,国では,「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する緊急対策」をとりまとめたところです。
 具体的な取組の一つとして,内閣府男女共同参画局では本問題について注意喚起を図るためのサイトを開設し,被害事例や相談窓口等を紹介しています。

お問い合わせ先

子ども課
電話番号:029-232-9176 /ファクス:029-232-9288

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎2階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで(水曜日は午後7時まで。すべての業務には対応していません。) /休業日:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)