マイナンバーカードを企業や地域団体等で申請できます(市職員が出張します)

印刷

最終更新日:2017年11月1日 ページID:018491

市職員が企業・団体などの会場に出向き、申請受付を行います。
ご希望の企業・団体の方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
 リーフレット(PDF形式:226KB)

申し込みの条件など

・市内の企業・団体であること
・申請予定者が概ね10人以上見込まれること
・申し込む団体が会場及び机・椅子などの必要な備品を用意できること
・申請者が郵便・スマートフォン等でマイナンバーカードの交付申請をしていないこと
・申請者が本人限定郵便を受け取れること
・実施は平日の午前10時~午後4時の間、1~2時間を予定
※詳しくは、申請時本人確認方式によるマイナンバーカード一括申請受付実施要領(PDF形式:151KB)をご覧ください。

実施の流れ

1.申請受付申込書を記入し市民課へ提出
2.市民課担当から日程調整の連絡
3.団体から市民課へ申請予定者のリスト提出
4.申請者が、本人確認書類の原本及びコピー、顔写真を用意
5.市職員が団体の指定する受付場所へ出向き本人確認と同時に通知カード、住民基本台帳カードの回収及び申請書の受付を実施
6.発行されたカードを本人限定郵便で送付(申請後、およそ1~2か月)

申請時に用意するもの

・通知カード
・個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書
・顔写真(縦4.5cm×横3.5cm、最近6か月以内に撮影、正面・無帽・無背景のもの)
・本人確認書類2点及びそのコピー(詳細は以下)
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
※申請者本人が会場に来ることができること(15歳未満の方及び成年被後見人の方は、必ず法定代理人が同伴し、法定代理人の本人確認書類と代理権の確認書類も持参・コピーの提出が必要です。)

本人確認書類

A2点またはA・B各1点ずつ ※有効期限のあるものについては有効期間内のもの

A 顔写真付きの身分証明書
住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書又は仮滞在許可書

B 氏名及び生年月日、または氏名及び住所の記載のある書類
 海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、地方公共団体が交付する敬老手帳、生活保護受給者証、健康保険または介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、預金通帳、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類等、官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類で市町村長が認めるもの

お問い合わせ先

市民課マイナンバーコールセンター
電話番号:029-291-3916 /ファクス:029-227-2379

茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日