• このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を飼っている方

印刷

最終更新日:2017年3月17日 ページID:000389

犬を飼っている方には、犬の登録(生涯1度)と飼い犬に狂犬病の予防注射を受けさせること(毎年1回)が義務付けられています。新しく犬を飼い始めた方も、犬の登録と狂犬病の予防注射を受けさせることが必要となりますが、どちらが先でもかまいません。また、必要のない繁殖はさせないように、不妊や去勢手術を受けさせ繁殖制限に努めましょう。

犬の登録などの申請・届出

犬の登録などの申請・届出
このようなとき 提出書類 持参するもの 提出期間 手数料
登録されていない犬を飼い始めたとき 犬の登録申請書 なし 犬を飼い始めた日(子犬の場合は生後90日を過ぎた日)から30日以内

1頭につき

3,000円

鑑札を紛失または損傷したとき 鑑札の再交付申請書 損傷のときは鑑札 紛失または損傷した日から30日以内

1頭につき

1,600円

狂犬病予防注射済票の交付を受けるとき

注射済票交付申請書

狂犬病予防注射済証 狂犬病の予防注射を受けさせた日以降なるべく早めに

1頭につき

500円

狂犬病予防注射済票を紛失または損傷したとき 注射済票再交付申請書 損傷のときは本年度の注射済票 紛失または損傷した日以降なるべく早めに

1頭につき

300円

転入してきたときまたは犬の飼い主が変わったとき 犬の登録事項の変更届出書 鑑札と本年度の注射済票 転入または飼い主が変わった日から30日以内 無料(鑑札がない場合は有料)
飼い犬が死亡したとき 犬の死亡届出書 鑑札と本年度の注射済票 死亡した日から30日以内 無料

受付先:保健センター、常澄保健センター、内原保健センター

ただし、新規の登録、狂犬病予防注射済票の交付申請については、市内の動物病院(一部)でも申請できます。下記の添付ファイルをご覧ください。
 

狂犬病予防注射

生後90日を過ぎた犬を飼っている方は、年1回狂犬病の予防注射を受けさせることが義務付けられています。

予防注射の受け方

注射済票交付申請書(ハガキ)を持参し、集合注射または個別注射で受けさせてください。ただし、新しく犬を飼い始めた方は、注射済票交付申請書は不要です。

集合注射の会場には多くの犬が集まります。犬を制御できる方が連れてきてください。また、首輪は抜けないようにしっかりと装着してください。

集合注射で受ける場合 

平成29年度の集合注射(4月から5月)の日程及び実施会場は、下記の添付ファイルをご覧ください。料金は、3,500円(狂犬病予防注射済票交付手数料500円を含む)です。

個別注射で受ける場合 

市内の動物病院で1年を通して受けられます。
料金は、病院により異なります。

病気やアレルギー等により狂犬病予防注射ができない場合

病気やアレルギー等により狂犬病予防注射ができない場合は、獣医師により発行される狂犬病予防注射実施猶予認定書を提出してください。届出の際の手数料は無料です。届出後、その年度の注射は免除になります。

次年度以降も、注射ができないようであれば、年度ごとに手続きが必要になります。

お問い合わせ先

保健センター
電話番号:029-243-7311 /ファクス:029-244-0157

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13
業務時間:午前8時30分~午後5時15分 /休業日:土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日