• このエントリーをはてなブックマークに追加

集団資源物回収について

印刷

最終更新日:2013年4月1日 ページID:000333

集団資源物回収とは

  • 町内会、自治会、子ども会やその他地域で組織された団体が市に登録し、自主的に資源物を回収する制度です。
  • 団体には、回収量1キログラム当たり10円の報償金が支給されます。

(注意)事業活動に伴って出る資源物は出せません。

集団資源物回収を始めるには

実施団体

  • 集団資源物回収は、団体の皆さんの意思決定が必要ですので事前によく話し合ってください。
  • 集団資源物回収のための集積所が必要です。30戸から50戸に1か所を原則として、各団体で決めてください。
  • わからない点、不安な点などありましたら、清掃事務所資源回収係(電話番号029-241-0058)までお問い合わせください。 

実施団体の届出

  • 「集団資源物回収協力団体設立届出書」に必要事項を記入し、清掃事務所に提出してください。
  • 報償金は、銀行の口座振替でお渡しします。
  • 回収日については市で指定します。(祝日も回収を実施します。土曜日・日曜日は除く。)

回収の実施について

回収品目

  • 空きびん類:1升びん・ビールびん・雑びん(色ごとに分ける)
  • 空き缶:アルミ缶、スチール缶
  • ペットボトル
  • 古紙類:新聞紙、雑誌(広告紙、書籍、菓子類等のボール紙を含む)、ダンボール、紙パック
  • 布類 
  • 金属類:鉄製品、アルミニウム製品、銅、真ちゅう

    ※家電製品と乾電池は除く

回収前

  • 市では、回収日の前日までに集積所へ「びん・缶・ペットボトルの専用容器」を配布します。
  • 団体では、事前に回収日を知らせるチラシを回覧するなど準備してください。
  • 集積所の準備、後片付けや分別を確認する当番の方を決めてください。
  • 回収日・回収場所は、団体ごとに違いますので、町内の方などに確認してください。 

回収当日

  • 各々が、回収時間までに集積所へ資源物を持ち寄り、びん・缶等については専用容器に分別してください。
  • 当番の方が、分別状況を確認して、清掃をしましょう。
  • 一部の役員の負担にならないよう役割分担することが、長続きのコツです。
  • 市で計量し、水戸市再資源化事業協同組合が回収します。団体の方が、積み込み作業など手伝う必要はありません。

報償金の支給

報償金は、報償金単価(10円)×回収重量(キログラム)で計算され、4か月ごと(年3回)に団体の銀行口座へ振り込まれます。

お問合わせ:清掃事務所

電話番号029-241-0058(直通)

ファクス029-241-0749

新聞紙空き瓶、空き缶紙類、衣類金属類ペットボトル

お問い合わせ先

清掃事務所
電話番号:029-241-0058 /ファクス:029-241-0749

〒310-0914 茨城県水戸市小吹町820-2
業務時間:午前7時30分から午後4時15分まで /休業日:土・日曜日,年末年始