平成30年度給与支払報告書(総括表・個人別明細書)の提出について

印刷

最終更新日:2017年11月8日 ページID:017130

1 給与支払報告書の提出先

  給与支払報告書(総括表・個人別明細書)は,給与の支払いがあった年の翌年1月1日現在(退職の場合は退職日現在)で従業員が住んでいる市区町村長あてに提出してください。

(地方税法第317条の6)

2 平成30年度提出分の提出期限及び提出書類

(1)提出期限

平成30年1月31日(水)

※ 事務処理の都合上,平成30年1月17日(水)までの提出にご協力をお願いします。

(2)提出書類

・総括表・・・1事業所につき1枚

※ 平成29年1月1日から12月31日までの間に給与の支払いがなく,給与支払報告書を提出しない事業所については総括表下段の《給与支払報告書を提出しない場合》を記入して提出してください。

・給与支払報告書(個人別明細書)・・・受給者1人につき1枚

・個人住民税の普通徴収切替理由書(普通徴収に該当する従業員がいる場合のみ)

平成30年度 給与支払報告書総括表(PDF)

平成30年度 給与支払報告書の提出の手引き(PDF)

特別徴収一斉指定に伴う留意点

  茨城県と県内全市町村では,平成27年度から,法令遵守や従業員の利便性の向上を目的として,原則すべての源泉徴収義務者の皆様に,従業員にかかる市民税・県民税の特別徴収(給与天引き)を実施していただく取組を進めております。

 給与支払報告書(総括表)の提出にあたりましては,「平成30年度 給与支払報告書の提出の手引き」(PDF)をご確認のうえ,記入をお願いします。

 なお,普通徴収に該当する従業員(下表の普a~普fの理由に該当する場合のみ普通徴収(個人納付)とすることが可能)がいる場合は,「普通徴収切替理由書」に該当者の人数を記入し,当該従業員の給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に略号(普a~普f)を必ず記入して提出してください。

 

 普通徴収該当者理由

略号

切替理由(下記「普a~普f」以外の理由は不可)

普a

受給者総人員(他市町村の受給者含む)が5名未満で,経過措置の適用を受ける場合

※平成29年度から,受給者総人員が5名以上の事業所は原則特別徴収を行っていただきます。 

普b

他の事業所で個人住民税が特別徴収されている方,又は乙欄該当者

普c

給与から税額が引ききれない方,又は年間の給与支払額が97万円以下
(個人住民税が非課税)の方

普d

給与が毎月支給されていない方(不定期受給者)

普e

事業専従者(個人事業主のみ対象)

普f

退職者,又は平成30年5月31日までの退職予定者

 ※ 上記の普a~普fの理由に該当する場合のみ,普通徴収とすることが可能です。

3 マイナンバーについて

 マイナンバー制度の施行に伴い,平成29年度以降の給与支払報告書の提出から,総括表に給与支払者の個人番号(個人事業主の場合)又は法人番号を,個人別明細書に受給者及び被扶養者の個人番号と給与支払者の個人番号(個人事業主の場合)又は法人番号を記入することが義務付けられております。

 事業主の皆様におかれましては,制度にご理解をいただき,給与支払報告書へのマイナンバーの記入にご協力いただきますよう,よろしくお願いいたします。 

帳票種類

記入する番号

給与支払報告書

(総括表,個人別明細書)

・給与所得者及び被扶養者の個人番号

・給与支払者の個人番号(個人事業主の場合)又は法人番号

給与所得者異動届出書

・給与所得者の個人番号

・給与支払者の個人番号(個人事業主の場合)又は法人番号

特別徴収への切替依頼書

・特別徴収義務者の法人番号

※ 特別徴収義務者が個人事業主の場合は,法人番号欄に個人

 番号を記載する必要はございませんので,記載しないようお

 願いいたします。

特別徴収義務者の

所在地・名称変更届

・特別徴収義務者の法人番号

※ 特別徴収義務者が個人事業主の場合は,法人番号欄に個人

 番号を記載する必要はございませんので,記載しないようお

 願いいたします。

 

4 特別徴収の猶予について

 水戸市では,受給者総人員が5人以上の事業所は原則として市民税・県民税の特別徴収を実施していただいております。

 ただし,上記の事業所で平成30年度からの市民税・県民税特別徴収の実施が困難であるという場合は,「市民税・県民税特別徴収実施困難理由申出書兼開始誓約書」を提出いただき,その理由(給与計算システムの改修が間に合わない等)が妥当であると認められるときは,特別徴収の指定開始を1年間のみ猶予いたします。

 特別徴収の猶予を申請する際は,給与支払報告書の提出に併せて「市民税・県民税特別徴収実施困難理由申出書兼開始誓約書」を提出してください。

 なお,個人別明細書の摘要欄には必ず「普通徴収」と明記してください。

 詳細につきましては,市民税課へお問合せください。

市民税・県民税特徴困難理由申出兼開始誓約書(PDF)

市民税・県民税特徴困難理由申出兼開始誓約書(記載例)(PDF)

お問い合わせ先

市民税課
電話番号:029-232-9138 /ファクス:029-232-9291

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎
業務時間:午前8時30分~午後5時15分(水曜日は、個人市民税・個人県民税の相談については午後7時まで) /休業日:土・日曜日、祝日