国民年金保険料の納付猶予制度

印刷

最終更新日:2018年6月14日 ページID:017751

 本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定以下の場合,本人が申請書を提出し,承認されると保険料の納付が猶予されます。猶予を受けた保険料は,10年以内であれば後から納付(追納)することができます。老齢基礎年金を満額に近づけるためにも,「追納制度」をおすすめします。

 失業した場合も申請することにより,保険料の納付が猶予となる場合があります。その際は,公的機関が交付する証明書であって,失業の事実が確認できる書類が必要となります。

 平成30年度猶予期間/平成30年7月から平成31年6月まで(原則として毎年申請が必要です。)

 対象 /50歳未満(学生を除く)で,本人及び配偶者の前年所得が一定以下の方

 必要なもの /年金手帳,印鑑,身分証明書など

 申請先 /市役所国保年金課(三の丸臨時庁舎内),赤塚・常澄・内原出張所

 問合せ先 /国保年金課(029-232-9529)

       水戸北年金事務所(029-231-2381)

※水戸北年金事務所からのお知らせ

 全国の年金事務所で年金の予約相談を実施しています。

 ところ 水戸北年金事務所(水戸市大町2丁目3番32号)

 予約申込電話番号 ねんきんダイヤル(☎0570-05-1165)

          水戸北年金事務所(☎029-231-2283)

 予約申込方法 ・相談希望日1か月前から電話または年金相談窓口で受け付けます。

        ・予約の際に,相談者・配偶者氏名,基礎年金番号,電話番号,相談内容を確認します。

お問い合わせ先

国民年金係
電話番号:内線210,226 /ファクス:029-225-2295

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎
業務時間:午前8時30分から午後5時15分 ※水曜日は午後7時まで窓口を開設しています。(取扱い業務は全てではありませんので,御確認の上,来庁ください。) /休業日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始