選挙権と被選挙権

印刷

最終更新日:2007年4月13日 ページID:000237

選挙権とは?

選挙権とは、日本国憲法にうたわれている国民の権利の一つで、満18歳以上の国民すべてに与えられている選挙のできる権利です。しかし、選挙で投票するためには、選挙人名簿に登録されていることが必要です。

被選挙権とは?

被選挙権とは、選挙に立候補ができる権利のことです。ただし、その要件は選挙ごとによって異なります。

投票するには?(選挙権)

  • 市議会議員選挙・市長選挙
    年齢満18歳以上の日本国民で、引続き市内に3ヶ月以上住所を有する方
  • 県議会議員選挙・県知事選挙
    年齢満18歳以上の日本国民で、引続き市内に3ヶ月以上住所を有する方(引続き県内に住所を移した方も含)
  • 衆議院議員選挙・参議院議員選挙
    年齢満18歳以上の日本国民

立候補するには?(被選挙権)

  • 市議会議員選挙
    選挙権がある方で、市内に住所を有する年齢満25歳以上の方
  • 市長選挙
    日本国民で年齢満25歳以上の方
  • 県議会議員選挙
    選挙権がある方で、県内に住所を有する年齢満25歳以上の方
  • 県知事選挙
    日本国民で年齢満30歳以上の方
  • 衆議院議員選挙
    日本国民で年齢満25歳以上の方
  • 参議院議員選挙
    日本国民で年齢満30歳以上の方

(補足)禁錮以上の刑を受け執行中の方、選挙犯罪などで公民権を停止させられている方は、選挙権・被選挙権はありません。

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
電話番号:029-259-2336 /ファクス:029-257-5335

〒319-0393 茨城県水戸市内原町1395番地の1 内原庁舎3階
業務時間: /休業日: