• このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸市の世界遺産推進活動の歩み(平成21年度1月~3月)

印刷

最終更新日:2010年9月7日 ページID:006437

平成21年1月30日 岡山市で水戸市・足利市・備前市による世界遺産担当者連絡会が開催されました

岡山県の山陽新聞社において、水戸市・足利市・備前市による担当者連絡会が開催されました。
各事務局での来年度の予定などが報告されたほか、広域的な学識経験者の組織づくりに向け、引き続き事務レベルでの協議を進めていくこととなりました。

平成21年2月27日 世界遺産登録推進シンポジウム「江戸の学び 水戸の学び 近世日本の学問・教育と水戸藩」を開催しました
シンポジウムの様子

今回のシンポジウムでは、江戸時代に行われた教育の様子やその施設、水戸藩における教育の普及、そして世界遺産の現状や課題、さらには世界遺産としての「学問・教育遺産」の可能性などについて、各分野の専門家が報告を行いました。またシンポジウムの後半では、加藤市長を交えてのパネルディスカッションが活発に行われました。当日は悪天候にも関わらず、500人を超える方々にご来場いただきました。水戸市では、今回のシンポジウムでの報告や議論を踏まえ、引き続き足利市・備前市・日田市との連携を図りながら、「学びの文化」を象徴する学問・教育遺産の世界遺産登録を目指してまいります。

水戸市の世界遺産推進活動の歩み(平成19~20年度)

水戸市の世界遺産推進活動の歩み平成21年度(4月~1月)

お問い合わせ先

歴史文化財課
電話番号:029-306-8132 /ファクス:029-306-8693

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-5 総合教育研究所3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始(12月29日から1月3日)