• このエントリーをはてなブックマークに追加

違反対象物の公表制度について

印刷

最終更新日:2017年6月13日 ページID:016893

改正理由

「違反対象物に係る公表制度」の実施について国から通知されたことに伴い,水戸市火災予防条例の一部を改正したものです。

改正内容

1 概要

 建物の利用者自らが,その建物の危険性に関する情報を入手し,利用について判断ができるよう,消防法令違反情報を公表する制度を定めたものです。

違反対象物公表制度のチラシ

2 公表の対象とする建物

 飲食店,店舗,ホテルなどの不特定多数の方が利用する建物や病院,社会福祉施設などの一人で避難することが難しい方が利用する建物

・公表の対象となる防火対象物一覧表

3 公表の対象となる違反

 法令により義務付けられている以下の設備が設置されていないもの

・屋内消火栓設備

・スプリンクラー設備

・自動火災報知設備

4 公表の手続き

 違反の内容を通知した後,14日を経過してなお引き続き同一の違反が認められる場合に,水戸市ホームページへ掲載します。

5 公表する内容

1.建物の名称

2.所在地

3.違反の内容

施行期日

平成30年4月1日

建物関係者の皆様へ

 建物の増築や接続又はテナントが入れ替わる用途変更により,公表の対象となる設備が必要となる場合があります。このような変更を検討されている場合は,事前に火災予防課に相談してください。「違反対象物に係る公表制度」の件に関しては火災予防課違反対策係,建物の改装及び用途変更の件に関しては査察係まで問い合わせください。

お問い合わせ内容 問い合わせ先 電話番号
公表制度に関すること 違反対策係 029-221-0644
建物改装に関すること 査察係 029-221-0163

お問い合わせ先

火災予防課
電話番号:029-221-0119,221-0163,221-0145 /ファクス:029-224-1139

〒310-0803  茨城県水戸市城南2丁目6-7
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日