水戸市火災予防条例の一部を改正しました

印刷

最終更新日:2016年4月11日 ページID:016210

水戸市火災予防条例の一部を改正しました

 改正理由

 近年、生活様式や消費者ニーズの多様化に伴い、新たなタイプの火気調理器等が販売・流通してきたことから、関係省令等が改められたことに伴い、水戸市火災予防条例の一部を改正したものです。

改正内容

1 離隔距離(※可燃物等との間に設けるべき火災予防上安全な距離)の規制に下記の対象火気設備の追加等を行いました。

 (1)ガスグリドル付コンロ

ガスグリドル付コンロ

グリドル付コンロ(直火で加熱したプレート(鉄板)からの伝導熱で調理する機器)

 (2)入力が5.8kw以下である電磁誘導加熱式(IH)調理器

 ※離隔距離イメージ

離隔距離イメージ

2 その他規定の表現を整理しました。
  詳細については、水戸市火災予防条例別表3を参照ください。

施行期日

平成28年4月1日

参考資料

平成28年水戸市条例第20号(別表第3)(ワード形式:1,294KB)
対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取り扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令の公布等について(PDF形式:801KB)

お問い合わせ先

火災予防課査察係(建物担当)
電話番号:029-221-0163 /ファクス:029-224-1139

水戸市城南2丁目6-7
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日