平成28年4月1日より下水道使用料が変わります

印刷

最終更新日:2016年4月1日 ページID:015826

水戸市では,下水道事業の経営基盤の強化と安定した下水道サービスを確保するために,平成28年4月1日から下水道使用料を改定いたします。

今後も,徹底した経費削減や適切な維持管理に努め,下水道事業の経営改善を図ってまいりますので,ご理解とご協力をお願い申し上げます。 

水戸市の下水道経営の現状

公共下水道の整備状況

水戸市の下水道事業は,昭和49年度の水戸市浄化センターの供用開始以降,着実に処理区域の拡大に努めてまいりましたが,普及率については,全国平均を下回る水準で推移していたため,普及率の向上を目指し,平成18年度より,市街化区域の整備完了を目標に掲げ,積極的な面整備事業に取り組みました。

その成果は,平成21年度に茨城県那珂久慈流域下水道水戸幹線が供用開始されたことをもって結実し,普及率は平成26年度末で77.0%と,ほぼ全国平均にまで向上しています。

今後は,水戸市第6次総合計画を基本に,事業計画区域内の整備を進めるとともに,老朽化した下水道施設については,長寿命化計画に基づき計画的かつ効果的に改築・更新を実施し,安全で耐久性に優れた施設の維持管理を目指します。

受益者負担の原則と使用料の状況

下水道使用料は,処理場で汚水を処理する費用や施設の維持管理,下水道建設時に借り入れた市債の返済などに使われていますが,これらの費用は下水道の使用者が負担することが原則です。しかしながら,水戸市では下水道使用料だけでは汚水処理にかかる費用をまかないきれない状況が続いております。

汚水処理にかかる費用を下水道使用料でまかなっている割合(経費回収率)は,平成26年度で51.70%であり,政令指定都市を除く県庁所在地の平均77%を大きく下回っています。使用料収入の不足分を一般会計(税金)からの繰入金で補う状況が続き,国の基準を超える繰入金の額は,平成26年度で約25億円に上ります。これは,公共下水道の使用者と公共下水道が使用できない地域の住民との負担の公平性という観点から,また本来,福祉や教育などに使われるお金が下水道に使われることによる一般行政に与える影響という観点から,早急に改善すべき状況です。

下水道経営改善への取組み

水戸市では,平成15年度以降,原則として3年ごとに下水道使用料の見直しを行うとともに,主として次の方策により下水道経営の改善を図ってまいりました。

  1. 市債借り換えなどによる,市債の返済負担の軽減
  2. 下水道接続の促進や下水道使用料等の徴収の強化による,収入確保
  3. 組織体制の見直しと人員削減による,人件費の削減
  4. 余剰消化ガスの有効利用・浄化センターの集約・包括的民間委託などによる,維持管理費の縮減

今後もこれまでの取組みを継続していくほか,更新時期を迎える下水道施設の改築・更新を計画的かつ効果的に実施し,安定した下水道経営を目指してまいります。

改定の検討経緯

下水道使用料の改定にあたっては,学識経験者・各種団体代表や一般公募の市民から構成される水戸市使用料等審議会へ諮問し,審議していただきました。
審議会の主な答申内容は次のとおりです。

  1. 接続率の向上など収入確保を図るとともに,徹底した経費削減に取り組み,独立採算の確立を長期的目標として,さらなる経営改善に努めること。
  2. 平成34年度の経費回収率を70%とすることを当面の目標とし,平成28年度に10.5%の使用料改定を行うこと。

この答申を踏まえ,平成29年4月に予定されている消費税増税などの社会経済情勢を考慮し,答申よりも改定率を引き下げて6.8%の改定案を平成27年12月水戸市議会定例会に提出し,議決されました。
なお,下水道事業は,企業会計を設置して経理を行っており,独立採算や受益者負担の原則に基づき,個別に使用料を算定するものでありますので,新庁舎整備等の大型プロジェクトとの関連性はありません。今後も,市民負担に十分留意することを前提として,事業経営の健全性を確保し,将来にわたり持続可能な行政サービスを提供していくため,適時,適切に見直してまいります。

下水道使用料の改定時期

平成28年4月1日付けで下水道使用料を改定いたします。

なお,検針期間が平成28年4月1日をまたぐ場合には,汚水量を各日均等とみなして,新旧の料金表で算出した使用料の日割り計算を行います。

下水道使用料改定の内容

料金表(1か月につき)

【1か月ごとに検針する場合の料金表】
排除汚水量 現行使用料
【平成28年3月31日まで】
改定後使用料
【平成28年4月1日から】
8立方メートル以下 基本使用料 1,182.60円 基本使用料 1,149.12円
8立方メートルを超え
10立方メートル以下の分
1立方メートルにつき  56.16円
10立方メートルを超え
20立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 156.60円 1立方メートルにつき 167.40円
20立方メートルを超え
30立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 167.40円 1立方メートルにつき 179.28円
30立方メートルを超え
50立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 178.20円 1立方メートルにつき 196.56円
50立方メートルを超え
200立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 198.72円 1立方メートルにつき 221.40円
200立方メートルを超える分 1立方メートルにつき 226.80円 1立方メートルにつき 253.80円

1か月ごとの計算例

基本水量の変更

節水型機器の普及や節水意識の向上などにより,使用水量が1か月10立方メートル以下の世帯が増えてきているため,料金体系を水道料金とあわせ,基本料金の使用水量を1か月「10立方メートルまで」から「8立方メートルまで」に変更し,基本料金を従前より引き下げることといたしました。

料金表(2か月につき)

下水道使用料は,水戸市下水道条例で1か月についての使用料を定めていますが,一般家庭に多い,水道のメータ口径が25ミリ以下の場合は,2か月ごとに検針し,使用料を算定しています。2か月ごとの使用料については以下のとおりです。

【2か月ごとに検針する場合の料金表】
排除汚水量 現行使用料
【平成28年3月31日まで】
改定後使用料
【平成28年4月1日から】
16立方メートル以下 基本使用料 2,365.20円 基本使用料 2,298.24円
16立方メートルを超え
20立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 56.16円
20立方メートルを超え
40立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 156.60円 1立方メートルにつき 167.40円
40立方メートルを超え
60立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 167.40円 1立方メートルにつき 179.28円
60立方メートルを超え
100立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 178.20円 1立方メートルにつき 196.56円
100立方メートルを超え
400立方メートル以下の分
1立方メートルにつき 198.72円 1立方メートルにつき 221.40円
400立方メートルを超える分 1立方メートルにつき 226.80円 1立方メートルにつき 253.80円

2か月ごとの計算例

改定前後の使用料の比較

【1か月ごとに検針する場合】
排除汚水量
(1か月)
現行
使用料
改定後
使用料
差額
8立方メートル 1,182円 1,149円 -33円
10立方メートル  1,182円 1,261円 79円
20立方メートル  2,748円 2,935円 187円
50立方メートル 7,986円 8,659円 673円
100立方メートル 17,922円 19,729円 1,807円
500立方メートル 105,834円 118,009円 12,175円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2か月ごとに検針する場合】

排除汚水量

(2か月)

現行

使用料

改定後

使用料

差額
16立方メートル 2,365円 2,298円 -67円
20立方メートル 2,365円 2,522円 157円
40立方メートル 5,497円 5,870円 373円
60立方メートル 8,845円 9,456円 611円
80立方メートル 12,409円 13,387円 978円
100立方メートル   15,973円  17,318円   1,345円

他自治体との下水道使用料の比較

公共下水道は,自治体ごとに整備が進められ,整備の進捗は自治体により大きく差があるほか,人口の密集度や地形的な状況により下水道使用料算定の前提となる状況が大きく異なります。また,基本料金や従量料金の設定方法も,自治体によって様々であるため,単純に比較することはできません。ここでは,総務省が全国の下水道使用料の比較単位として用いる,1か月に20立方メートルの汚水を排除した場合の下水道使用料で,他の自治体と下水道使用料を比較します。

水戸市の現行の使用料は毎月検針の方が1か月20立方メートル使用した場合2,748円ですが,今回の改定により2,935円になります。これを茨城県内の29市の中で見ると,現行の使用料は上から19番目ですが,今回の改定により上から17番目になります。また,政令市を除く31県庁所在地の中で見ると,現行の使用料は上から13番目ですが,今回の改定により上から11番目になります。

茨城県内29市 下水道使用料

政令市を除く31県庁所在地 下水道使用料
※水戸市以外の下水道使用料は平成26年度の金額

改定後の料金表・早見表

使用水量ごとの下水道使用料についてまとめた表を用意しましたので,ご参照ください。

隔月払いの方用(一般のご家庭など水道メータの口径が25ミリ以下の方)

毎月払いの方用(事業所など水道メータの口径が40ミリ以上の方)

お問い合わせ先

下水道管理課
電話番号:029-232-9221 /ファクス:029-232-9293

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎前臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日