• このエントリーをはてなブックマークに追加

環境保全型農業直接支援対策について

印刷

最終更新日:2015年1月29日 ページID:008955

平成27年度から支援する内容のご案内~環境保全型農業直接支払交付金~

 平成27年度から環境保全型農業直接支払は、平成27年4月に施行される「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」に基づいて実施されます。

対象者 

 農業者の組織する団体
(個人の農業者も一定の条件を満たし市町村が認める場合は申請は可能です)

対象となる農業生産活動 

 化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組と合わせて行う地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動
1.緑肥の作付け(5割低減の取組の前後のいずれかに緑肥等を作付けする取組)
2.堆肥の施用(5割低減の取組の前後のいずれかに炭素貯留効果の高い堆肥を施用する取組)
3.有機農業(化学肥料・化学合成農薬を使用しない取組)
4.地域特認(冬期湛水管理等)地域特認の取組は各都県によって異なります

交付単価

平成28年度単価

緑肥の作付け

(8,000円/10a)       

有機農業 (8,000円/10a)

※一部作物は3,000円/10a

堆肥の施用

(4,400円/10a)

地域特認

(8,000円~3,000円/10a)

 

詳細は、以下の関東農政局のホームページをご覧ください。【外部リンク】
http://www.maff.go.jp/kanto/seisan/nousan/kankyou/index.html

お問い合わせ先

農業技術センター
電話番号:029-243-6841 /ファクス:029-241-1211

〒310-0914 茨城県水戸市小吹町504
業務時間:午前8時30分から午後5時15分 /休業日:土,日,祝日 (植物公園 毎週月曜日 祝日又は振替休日のときは翌日 年末年始 12月29日~1月3日)