(仮称)水戸市動物愛護センター整備基本構想を策定しました

印刷

最終更新日:2018年2月16日 ページID:018823

  近年,少子高齢化や核家族化の進展に伴い,犬や猫などの飼育動物を家族の一員としてとらえ,共に生きるという意識が高まってきています。また,子どもたちが心豊かに育つ上で,動物とのふれあいや動物の飼養経験が重要であるという指摘もされています。

  その一方で,飼い主による遺棄や虐待,飼い主の不適切な飼育に起因する鳴き声,ふん尿等に関する近隣トラブルの発生,無責任な餌やりにより生じる飼い主のいない犬や猫などが大きな問題となっており,茨城県において減少傾向にはあるものの捕獲又は保護をされた犬や猫の多くが殺処分されている状況となっています。

  そのような中で,本市では,平成32年4月に予定している中核市への移行に伴い,犬,猫等の保護収容,返還及び譲渡,動物愛護に関する普及啓発等の事務を行うことになります。

  そこで,市民と市が協働して動物の愛護や適正な管理に関する取組を進めていくことにより犬及び猫の殺処分をなくし,人と動物が共生する社会の実現を図るため,本市における動物愛護行政の拠点として(仮称)水戸市動物愛護センターを整備することについて必要な事項を定めるものです。

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

保健所準備課
電話番号:029-305-6290 /ファクス:029-243-7588

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町993-13保健センター内
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日