空き家等の適切な管理をお願いします

印刷

最終更新日:2018年7月10日 ページID:019277

「空き家等」とは

 平成27年2月26日から「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年法律第127号)が施行されました。同法においては、「建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)」を「空き家等」と定義し、空き家等が周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、適切な管理に努めることが、空き家等の所有者等の責務として規定されています。
 また、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態などの空き家等は、同法の定める「特定空家等」と判断される可能性があり、その後、助言又は指導を受けても改善が見られない場合は、「勧告」を受け、固定資産税等の住宅用地特例の対象から除外されたり、命令や行政代執行の対象となったりするなど、所有者等にとっても不利益が生じます。

 本市では、「特定空家等」に該当しない空き家等であっても、適切な管理が行われていない空き家等について、必要に応じ、その所有者等に対し、必要な改善措置を講ずるよう、文書による助言又は指導を行っております。特別措置法の成立を受け、今後、より効果的な施策を展開するための条例の整備や空家等対策計画の策定などを行ってまいります。

空き家等を所有している皆様へ

  • 空き家等を適切に管理することは、法で定められた所有者等の責務です。適切な管理がされていない空き家等は、建物部材等の劣化による損壊や倒壊、害虫等の発生やごみの不法投棄による住環境の悪化、庭木や雑草の繁茂による景観の悪化、不審者の侵入等による防犯性の低下など、周辺の生活環境に大きな影響を及ぼします。管理不十分な空き家等が原因で、他人が怪我などをした場合には、その所有者等の責任となり、損害賠償を問われることもあります。定期的な除草や樹木の剪定、建物の修繕など、常に適切な管理を心がけてください。
  • 空き家等を所有する方は、あらかじめ、空き家等のご近所の方や近隣町内会などに連絡先を伝えておくことで、何か問題が発生したときに、すぐに対応できるとともに、良好な関係の構築に繋がり、無用なトラブル等の発生を予防できます。

利用可能な制度

 空き家等の管理や利活用に関し、本市でご案内できる利用可能な制度をご紹介します。制度の詳細については、リンク先をご覧いただき、それぞれの担当部署等までお問合せください。

  1. 水戸市安心住宅リフォーム支援補助金
  2. マイホーム借上げ制度
  3. 空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)

近隣の空き家等にお困りの皆様は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎南側臨時庁舎1階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日