歩車分離式信号機について

印刷

最終更新日:2008年1月1日 ページID:004272

赤塚2丁目交差点が歩車分離式信号機になりました

赤塚駅北口から通じる市道と国道50号線との交差点の信号機が「歩車分離式信号機」になりました。
歩車分離式信号機とは、信号交差点において、歩行者と車両が通行できる時間帯(青信号)を分離する信号機で、右左折する車による巻き込み防止を図り、歩行者の安全を確保するために設置されるものです。
押しボタンを押すことで歩行者用信号機がすべて「青信号」になったときは、車両用信号機は全部「赤信号」になります。
歩行者の安全を確保するため、信号機の規制を守るほか、次のことを十分注意して通行してください。

  • ドライバーは、歩行者用信号機が「青信号」になったとき、見切り発車は絶対にしないでください(歩行者用信号機が「青信号」の場合、車両用信号機はすべて「赤信号」です。)
  • 自転車は「歩行者用信号機」にしたがって、自転車横断帯を通行してください。
  • 歩行者は、横断する場合には「押しボタン」を押して、歩行者用信号機が「青信号」になるまでお待ちください(押しボタンを押さないと「青信号」に変わりません。)
  • 歩行者は必ず横断歩道を渡り、信号が「青信号」でも、左右をよく確認して横断しましょう。
  • 同交差点は「スクランブル交差点」ではありませんので、斜め横断はできません。危険ですから絶対にやめましょう。
     

お問い合わせ先

防災・危機管理課
電話番号:029-232-9152 /ファクス:029-233-0523

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日