みと協働大作戦!「わくわくプロジェクト」平成28年度協働事業(2次募集)が決まりました!

印刷

最終更新日:2015年6月21日 ページID:016440

提案事業の公開プレゼンテーションを開催しました

 市民活動団体の皆さんのアイディアを生かし,市と協働して事業に取り組む「わくわくプロジェクト」。平成28年度に実施する協働事業の2次募集に,2件の提案がありました。
 平成28年5月24日に,提案事業について,提案団体の皆さんと市の担当課による公開プレゼンテーションが行われ,会場となった水戸市国際交流センターには,市民の皆さんが傍聴に訪れました。

 それぞれの事業について,各団体の代表者や学識経験者,公募で選ばれた市民などで構成する水戸市協働推進委員会が審査を行い,答申として意見をまとめました。

答申

                   水戸市協働推進委員会からの答申

公開プレゼンテーションの様子を紹介します

日時:平成28年5月24日(火曜日) 午後1時45分~午後2時25分
場所:水戸市国際交流センター 多目的ホール

  プレゼン

※下記アドレスから各提案事業のプレゼンテーションの様子を視聴できます。

◇「みどりと野鳥の森」整備事業(https://youtu.be/PDjk73bf5-k

◇水戸オーガニ蕎麦プロジェクト(https://youtu.be/Auy7XQj1LF0

平成28年度協働事業(2次募集)を決定しました

 水戸市協働推進委員会からの答申を受け、市では平成28年度に実施する協働事業(2次募集)について次のように決定しました。また、それぞれの提案事業について、委員会から意見が出されました。
 ※事業名や概要は、提案書を受け付けた時点のものです。事業開始までに行う協議により変更になる場合があります。

実施する事業

◇水戸オーガニ蕎麦プロジェクト

提案事業名 水戸オーガニ蕎麦プロジェクト

提案団体 一般社団法人 茨城県健康生きがいづくり協議会

市の担当課 農政課

提案の概要

 水戸市内の遊休農地を活用し,農作業体験等を実施する。農作業体験等を通じ,地域の人々,福島からの避難者,都会の人々など,様々な人が交流することにより,豊かなライフスタイルを築くことができる地域社会を確立する。

1.蕎麦作り 畑耕起~有機質肥料仕込み~種蒔き~刈取り,収穫祭

2.蕎麦ちょこ作り

3.蕎麦打ち体験講座

意見

 本事業は,水戸市内の遊休農地を有効活用し,蕎麦作りを通して多世代で共有する地域社会の実現を目指す興味深い試みであり,また,都会の人々を呼び込み,水戸市のリピーターとして定着させることや,福島からの避難者の支援など,様々な取組みを計画している。
 前回の提案で指摘した,事業の対象者の少なさや広報活動については,改善が認められる。本事業を内々のイベントで終わらせることがないよう,市担当課と連携しながら,効果的なPRに努めていただきたい。
 本事業をきっかけに,地域住民だけでなく,都会の人々や福島からの避難者など,様々な人々が世代を超えて交流することで,地域の活性化につながることを期待する。
 

協働による新たな取組にご期待ください!!

 2次募集分の事業の実施期間は,平成28年7月から来年3月までの予定です。

 提案団体と市の担当課が,パートナーとして事業に取り組みます。市民提案による協働事業にどうぞご期待ください!!

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

市民生活課
電話番号:029-232-9151 /ファクス:029-232-9238

〒310-8610 茨城県水戸市中央1-4-1 本庁舎東側臨時庁舎2階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日,年末年始