指定管理者制度

印刷

最終更新日:2016年8月1日 ページID:016338

指定管理者制度について

平成15年6月の地方自治法の一部改正(同年9月2日施行)により、指定管理者制度が創設されました。
それまで文化施設、スポーツ施設、福祉施設など、地方公共団体が住民の福祉を増進することを目的に設置した「公の施設」の管理は、市が直接行うか公共的団体及び市の出資法人等に限定されていましたが、株式会社をはじめとした営利企業やNPO法人、市民グループなど、あらゆる団体による管理が可能になりました。
このような状況にあって、本市の公の施設の管理についても、更なる市民サービスの向上と効率的な運営を目指し、平成18年4月より指定管理者制度を導入しています。

水戸市指定管理者制度の運用基本方針(PDF形式:352KB)

指定管理者制度の導入状況

公募している施設

子育て支援・多世代交流センター

対象となる施設/大町子育て支援・多世代交流センター及び本町子育て支援・多世代交流センター

<問合せ>

 保健福祉部子ども課

 電話番号:029-232-9176

詳細はこちらまで

 

指定管理者制度を導入している施設

・指定管理者を導入している施設(平成28年8月1日現在)

施設数 指定管理者導入数 直営施設
638 470 168

※ 詳細は別添「水戸市指定管理者制度の導入状況」参照

水戸市指定管理者制度の導入状況(平成29年4月1日現在)(PDF形式:183KB)

指定管理者制度導入施設利用者アンケートについて

 ・管理者制度導入施設利用者アンケートについてはこちら

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

お問い合わせ先

行政改革課
電話番号:029-232-9227 /ファクス:029-228-2825

〒310-0803 茨城県水戸市城南2-6-7 宮島ビル4階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日,祝日