• このエントリーをはてなブックマークに追加

「介護マーク」を配付しています

印刷

最終更新日:2012年10月15日 ページID:009119

介護する人が周囲の人に介護中であることを知ってほしいときに使用する「介護マーク」を配付しています。
外出先でこのマークを見かけたら温かく見守ってください。

介護マークはどのようなときに使用するのか

高齢者が増加している中、介護を必要とする人も増えています。
認知症などの方の介護は、他の人から見ると介護していることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。
例えば、介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき、駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき、男性介護者が女性用下着を購入するときなど、周囲の人には不自然な行為に思われがちです。
このようなときに、「介護マーク」を利用し、介護者であることを知ってもらうことで、介護者の精神的負担が軽減されます。

配付対象者

市内在住で高齢者や障害をお持ちのかたの介護をしている「介護マーク」の使用希望者に配布します。

配付場所

水戸市役所三の丸臨時庁舎2階

  • 介護保険課
  • 高齢福祉課
  • 障害福祉課

費用は無料です。

「介護マーク」配布中です。

介護マーク

介護マーク啓発用チラシ(PDF形式:665KB)

茨城県福祉サービス振興会「介護マーク普及啓発事業」

茨城県福祉サービス振興会「介護マーク普及啓発協力事業所」

お問い合わせ先

介護保険課
電話番号:029-232-9177 /ファクス:029-232-9230

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎2階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで ※水曜日は午後7時まで。全ての業務は,取扱っておりませんので,取扱業務を確認のうえ,お越しください。 /休業日:土・日曜日,祝日