高額介護サービス費等の支給について

印刷

最終更新日:2007年6月15日 ページID:001729

1 概要

介護保険における保険給付対象サービスを利用したときの利用者負担額(サービス費用の1割または2割相当額)が,住民税課税状況ごとに1世帯につき次の上限額を超えたときは,その超えた分を利用者からの申請により高額介護サービス費等として利用者に支給されます。

区分

世帯の上限額

個人の上限額

生活保護受給者の方など 15,000円

世帯全員が市町村民税非課税で

老齢福祉年金受給者の方 24,600円 15,000円

公的年金等の収入金額と合計所得金額の合計が80万円以下の方など

24,600円 15,000円

公的年金等の収入金額と合計所得金額の合計が80万円を超える方など

24,600円 24,600円
市町村民税課税の方 37,200円 37,200円
現役並み所得相当の方 44,400円 44,400円

※現役並み所得相当の方とは,課税所得145万円以上で年収が520万円(単身世帯の場合で383万円)以上などの方です。

なお、一つの世帯で複数の高額介護サービス費等の支給対象者がいる場合は,それぞれのサービスの利用状況により支給金額を按分(比例して配分すること。)して、それぞれの支給対象者に支給します。高額介護サービス費等の支給額の算定例については、次を御参照ください。

算定例

例1 住民税が非課税世帯であるAさんが30,000円の利用者負担をした場合

  1. 30,000円(利用者負担額) - 24,600円(上限額) = 5,400円(Aさんへの支給額)

例2 住民税が非課税世帯であるBさんが20,000円、その配偶者(Bさんと同一世帯)であるCさんが10,000円の利用者負担をした場合

  1. 20,000円(Bの負担額) : 10,000円(Cの負担額) = 2対1(BとCの按分率)

2. 上限額24,600円を2対1で按分すると16,400円:8,200円となります。

これから、

3. 20,000円(Bの負担額) - 16,400円(Bの按分上限額) = 3,600円(Bさんへの支給額)

4. 10,000円(Cの負担額) - 8,200円(Cの按分上限額) = 1,800円(Cさんへの支給額)

(補足)ただし、仮にCさんが課税対象年金収入金額等が80万円以下の場合は、

5. 20,000円(Bの利用者負担額) - 15,000円(Bの上限額) = 5,000円(Bへの支給額)

2 支給の手順

  1. 水戸市は、サービス利用実績情報が届き次第、高額介護サービス費等の支給対象者を抽出し、それぞれの支給対象者にお知らせを送付します。(通常は、サービスを利用した月の3カ月後となりますが、サービス利用実績情報が遅れて届くこともありますので、その分、遅くなるときもあります。)
  2. お知らせを受け取った方は、同封されている申請書に必要事項を記入の後、該当月分の領収証を添えて水戸市介護保険課あてに郵送又は持参により提出します。
  3. 水戸市は、提出された申請書の内容を確認の後、指定された銀行口座へ支給金額を振り込みます。(通常は,サービス利用月の4カ月後末日を予定しています。)

注意:保険給付は、原則として申請書が水戸市に届いた日の属する月の翌月末日の支給となります。ただし,保険給付の申請は、サービス利用料を支払ってから2年を経過すると時効により請求できなくなる場合があります。

高額介護サービス費等支給申請書(エクセル形式:107KB)

高額介護サービス費等支給申請書(PDF形式:137KB)

お問い合わせ先

介護保険課
電話番号:029-232-9177 /ファクス:029-232-9230

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎2階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで ※水曜日は午後7時まで。全ての業務は,取扱っておりませんので,取扱業務を確認のうえ,お越しください。 /休業日:土・日曜日,祝日