• このエントリーをはてなブックマークに追加

家屋を取り壊したとき

印刷

最終更新日:2007年4月19日 ページID:000867

家屋の全部または一部を取り壊したときは『家屋滅失届』の提出をお願いします。

手続き・申請書等

資産税課窓口に備え付けの「家屋滅失届」又は,下記の関連ファイルをダウンロードして必要事項を記入の上,提出してください。

調査方法

担当者が現地確認に伺いますので,調査にご協力をお願いします。

固定資産税について

固定資産税(都市計画税)は,毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に固定資産を所有している人に対して課税されるものです。そのため,年の途中で家屋を取り壊した場合でも,地方税法の規定により賦課期日現在の所有者に1年間の税金をお願いすることになります。なお,所有期間に応じて税金を還付することは出来ませんので,ご了承ください。

家屋滅失届(ワード形式:44KB)

家屋滅失届(PDF形式:35KB)

お問い合わせ先

資産税課
電話番号:029-232-9141 /ファクス:029-232-9231

〒310-8610 茨城県水戸市三の丸1-5-48 三の丸臨時庁舎3階
業務時間:午前8時30分から午後5時15分まで /休業日:土・日曜日、祝日